エアリアルヨガ

​講師育成集中トレーニング

IMG_20160725_015415

IMG_20160725_015415

IMG_20160906_135651

IMG_20160906_135651

IMG_20160907_193612

IMG_20160907_193612

IMG_20160911_182220 (1)

IMG_20160911_182220 (1)

IMG_20160724_215546

IMG_20160724_215546

IMG_20160724_215459

IMG_20160724_215459

IMG_20160724_215300

IMG_20160724_215300

IMG_20161002_165653

IMG_20161002_165653

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ACME JAPAN AERIAL YOGA

Teacher Training

第九期2021年3月

新型コロナウイルス蔓延の不安が残る場合「設備知識コース」は

オンライン​受講可能です。

​(原則遠方の方のみ)

アックミーエアリアルヨガ

ティーチャートレーニングは

それぞれの目的に合わせ

TT修了後に疑問が残らないよう

一人一人丁寧に進める

少人数、セミプライベート制

◆空中補助法

◆200以上のポーズ&シークエンス

◆エアリアリストのための解剖学

◆空中での受け身他発型背骨・骨盤の調整法

◆ポーズとポーズを繋げ滞空し続けるフロースタイルクラスを行うための練習法&指導手順

これからインストラクターになる方

既に指導中の方のブラッシュアップ

スタジオ開業予定の方

ティーチャートレーニングと言っても

個々で学びが必要な内容、

習得したい知識は異なります。

ACME JAPAN AERIAL YOGA

ティーチャートレーニングでは

それぞれの

バックヤードや目的全てに活かせる

応用法をシェアします

 

教える対象もインストラクターにより様々です。

老若男女

リハビリから本格的なトレーニングまで

天井の高いスタジオにも

天井の低いスタジオにも

一点吊りにも

二点吊りにも対応出来るように

常にご自身で応用、

進化させられる力をつけ

また他者を安全に指導・補助する方法

実践で活かせられるよう

トレーニングを進めます。

 

ACME JAPAN AERIAL YOGAは

フロースタイルに特化していますが

フロースタイルの指導には

単品でアサナをとる以上に

ハタヨガと空中の基礎スキルを大切にし

ベースをしっかりと持つ必要があり

 

その上でそれを上手に融合させる技術を要します。

そのためLV.1では基盤作りとし

エアリアルヨガの基本となる床ヨガアサナ、基礎解剖学と照らし合わせながら、基本となる150以上の空中アサナを学び、空中に上がった場合の床との違いを明確に理解していきます。

LV.2にて

エアリアルヨガの基本スキルがあることを前提に、より空中要素を強め、空中ならではのポーズ、滞空し続けるフローシークエンスの組み立て方、滞空し続けるからこそ効果の生まれるフィジカル面でのアプローチを、エアリアリストのための解剖学と共に分解しながら学びます。

 

【ベーシック(LV.1)コース】

エアリアルヨガインストラクターになるための

基本のコースです

 

◆150程のアーサナとシークエンス

◆空中補助法

◆口頭でのアシスト法

◆布の中等

視界が遮られている状態でのアジャスト法

◆エアリアリストのための解剖学

解剖学に基づいた空中での身体調整

(骨盤~背骨~肩甲骨)

◆空中での基本の身体の使い方

◆フロームーブ指導入門

(フロームーブ)

◆レッスンの組み立て方

ポーズの繋ぎ方(シークエンス)

 

◆布の結び方

ETC

【設備知識コース】

エアリアルヨガ設備を造るための知識をつけるコースです。

スタジオ開業予定者、ご自宅に布をつけたい方

 

 

◆安全な布の取り付け法

◆使用する金具や道具各種と

その購入先

​◆布の選び方と

その購入先

◆適切な施設(スタジオ)の選び方

◆それぞれの施設の構造に対しての

適切な設置(工事)法

◆保険について

◆経営面について(スタジオ開業者)

◆業者の紹介(希望者)

◆設備完成までのアフターサポート

※スタジオにお越し頂いた際やメールにてご相談に乗ります。現場に出向かなければならなかったり、直接業者とやりとりを依頼される場合等、物理的に拘束されることに関しては別途コンサルタント料が発生します。

ETC

※スタジオへの設備導入目的やそれに類似する目的による自身が指導者資格を有さない場合の設備知識コースのみの受講不可。

【エアリアル リストラティブコース】

布を低い位置に設置した回復を促す

リストラティブ指導者養成1DAYトレーニングです。

 ◆リストラティブヨガ基本

◆ポーズ各種

◆メディテーション法

◆ヴィジュアライゼーション(イメージの視覚化)による精神的回復

◆プロップ(補助器具)の利用方法

 

妊娠中の方や

高齢者の方でも受講出来

神経痛の緩和や

過去の怪我のリハビリにも効果的な

コクーニング要素の強いカテゴリーです。

【アドバンス(LV.2)コース】

LV.1コース又はそれと同等のエアリアルヨガ指導者養成資格保有者選択可能。

難易度の高いポーズ、空中要素の強いポーズの取得

補助、指導共にアドバンスインストラクターを目指します。

 

 

アドバンスポーズの習得

◆高い位置でのポーズ・危険度の高いポーズの

安全な指導、補助、応用

◆布から降りずに複数のポーズを繋げるシークエンスの組み立て方(フロームーブ)とその指導法

◆レベルの違う複数の受講者へ同時に指導する方法

※エアリアルシルクを通してブラッシュアップ

※時間に余裕のある場合のみ、エアリアルヨガの原点「エアリアルシルク」も体験しながらその違いや共通点を体感していきます。

それぞれの布で同じポーズをとることで

ハンモックでも揺れずにスムーズに動く感覚を養います。

【実技コース卒業試験について】

LV.1/LV.2

◆実際に一般の方を対象にレッスンを行います。

※TTは全日程(卒業試験含む)への参加で「修了」とはなりますが、実践力をつけ、デビュー後安全に指導が出来るよう、大きな危険を伴うと判断された場合、試験は次期のTT開催時に追試となることもございます。

 

追試の際の追加料金はありません。

卒業試験におけるプレレッスンではティーチャートレーナーが補助に入ります。

試験日にレッスンを完璧に行うことを目的としたものではなく、実践演習を行うことでトレーニング生のデビュー後の糧とする貴重な機会です。

 

 

 

【リテイク(再受講)】

 

修了生に向けたサービスプログラムです。

希望のカリキュラムを含む日程1日から選択可能です。

 

※修了済みのコース内のみ、時間毎の選択不可​

※カリキュラムの改定により選択日に学ぶプログラム(新しいポーズ等)が増加している場合もリテイク料以上の追加料金は発生しません。

【希望日プライベートにて

「設備知識コース」の修了】

物件の賃貸や購入、工事時期がどうしてもTT開催時と合わない個人スタジオ開業希望者や自宅に布を設置したい方に向けたプログラムです。

ご希望の日付と時間、マンツーマンでコースを修了します。

 

【出張でのTT開催

国内外問わず

ご希望の地域にてTTを開催します。

※希望日程の2か月前までに日程及び開催を確定出来るよう余裕を持って相談下さい。

 

国外の場合は原則として実技コースのみ、

国によってはVISAの申請や所定の手続きが必要な場合もあります。​予めお確かめの上ご依頼下さい。

​※詳細はお問い合わせ下さい。

エントリー時に修了後の目的を

なるべく明確にご提出下さい。

 ̄ ̄​

ご質問のある方は

acme.contact36@gmail.com

までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

講師

エアリアルヨガ ティーチャートレーナー

AKIMI

幼少期よりパフォーマンスのウォーミングアップに

ヨガを取り入れ

2006年ダンス留学にて渡米中

怪我のリハビリをきっかけに

米ニューヨークにて本格的にヨガを学び始める。

一人一人に合わせたレッスン内容には定評があり

2013年より都内スタジオからの依頼をきっかけにヨガインストラクター向けのWS、RYT200取得TT内指導を開始し、ティーチャートレーナーとしての活動をスタート。

その経験を空中にも活かし、米NY,ハワイ、また発祥地以上に現在エアリアルヨガの盛んな東南アジア諸国などで修行を積みながらも、欧米人とは体格にも体質にも違いがある日本人にあったエアリアルヨガスタイルを追求。

更に安全な指導を行うため

空中パフォーマンス経験を活かした

空中に特化した補助方法を考案。

コメント

エアリアルヨガとフロアヨガとの違いとして明確な点の一つは、人間は地上で生活をしているので、空中は誰にとってもイレギュラーな場所であるということ。

地上から離れれば離れるほど、重力の影響はダイレクトに受けやすくなるということ。

空中では一歩間違え落下をした場合もしくはさせた場合

取り返しのつかない大事故に繋がる可能性が生まれます。

また日常生活では使わない筋肉を使うため

空中での身体の使い方をひとつ間違えば負荷のかかりやすい部位を深刻な形で故障してしまうこともあります。

危険性よりも、

得る効果を大きくするためには

ベースとなるハタヨガの原則と

解剖学から見た身体の造りを大切に

空中ならではのルールはしっかりと理解をし

まずはフィジカル面での知識、コツ、スキルを有する必要があります。

 

​ACME JAPAN AERIAL YOGA

ティーチャートレーニングでは

他者への指導法やポーズと併せ

それらを踏まえた

自身の練習法も併せて学びます。

​AKIMI

日程

2021年3月

【ベーシック(LV.1)コース】

最少催行人数:2名

16日(火)11:00~17:00

17日(水)11:00~17:00

18日(木)11:00~17:00

19日(金)11:00~17:00

試験日程

27日(土)11:00~18:00

28日(日)11:00~18:00

【設備知識コース】

最少催行人数:1名

20日(土)11:00~15:00

【エアリアル リストラティブ】

最少催行人数:2

21日(日)11:00~17:00

【アドバンス(LV.2)コース】

最少催行人数:2名

23日(火)11:00~16:00

​24日(水)11:00~16:00

25日(木)11:00~16:00

​26日(金)11:00~16:00

試験日程

27日(土)11:00~18:00

28日(日)11:00~18:00

【マスター(LV.3)コース】

2021年6月予定

Coming Soon

 

受講資格

 

・ベーシック(LV.1)コース

ヨガ指導者資格保有者

・アドバンス(LV.2)コース

・設備知識コース

・リストラティブコース

ヨガ指導者資格及び

LV.1修了者又はそれと同等の

エアリアルヨガ指導者資格保有者

・マスター(LV.3)コース

ヨガ指導者資格及び

LV.1、LV.2修了者又はそれと同等の

エアリアルヨガ指導者資格保有者

未成年者は保護者の同意が必要です。

男性は指導経歴及び現在の指導先情報の提出が必要です。

仮エントリー後、現在の保持資格、修了後の資格利用目的等詳細をお伺いの上

エントリー資格を保有している方のみ本エントリーが可能となります。

仮エントリーは締切日より余裕を持ち行って下さい。

 

定員

各コース5名

受講料

【ベーシック(LV.1)コース】

(レッスンチケット4枚付き)

220,000円+税

12月27日までの早期申込割引価格

(レッスンチケット4枚付き)

税込200,000円+税

【設備知識コース】

150,000円+税

【アドバンス(LV.2)コース】

(レッスンチケット4枚付き)

180,000円+税

12月27日までの早期申込割引価格

(レッスンチケット4枚付き)

税込150,000円+税

【エアリアル リストラティブコース】

65,000円+税

他いずれかのコース修了生

(ACME JAPAN AERIAL YOGA TT 卒業生)

及び、今期他いずれかのコース同時修了予定者

優待割引価格

42,000円+税

【早期申込実技一括修了コース

(LV.1・LV.2・リストラティブ)

(レッスンチケット8枚付き)

通常合計金額442,000円+税

12月27日までの早期申込割引価格

(レッスンチケット8枚付き)

392,000円+税

【開業支援一括修了コース

(LV.1・設備知識・LV.2)

※リストラティブは含まれません。

(レッスンチケット8枚付き)

通常合計金額500,000円+税

開業支援割引価格

(レッスンチケット8枚付き)

450,000円+税

締切日

2021年2月10日

【リテイク(再受講)

(一日)30,000円+税

【希望日プライベートにて

「設備知識コース」の修了

180,000円+税

【出張でのTT開講

費用

・トレーニング費用×人数

・ティーチャートレーナー渡航往復費

・ティーチャートレーナー宿泊費

※打ち合わせ後、渡航往復券と宿泊先の手配をお願い致します。

※発着地-宿泊先-会場間に公共交通機関のない場合、

必要日数分の送迎の手配をお願い致します。

最少催行人数

2名以上

※開催スタジオ様にて開催手数料を必要とされる場合

規定のトレーニング料に必要手数料を足した金額に設定、告知をして下さい。

その場合の設定金額は必要諸経費により開催スタジオ様に一任致しますが

トレーニング生に必要以上の過度な負担はかからない金額に設定をしてください。

※開催スタジオ設備は

天井及びハンモックの耐荷重の安全が補償出来

(最低耐荷重量500kg)

天高2.5m以上

ハンモックに入り仰向けになった際、

隣同士で触れ合わない距離が取れる会場をご用意ください。

※吊り器具、ハンモックレンタル可能

※全コーステキスト代込み

※修了者にはエアリアルヨガ指導者資格保有公式修了証発行

お問い合わせ・ご質問は

acme.comtact36@gmail.com

2021年3月度

エントリー方法

 

エントリーシート 内必要事項を記入

件名を「TT応募」とし、メール添付にて

acme.contact36@gmail.com に送信してください。

エントリーシートダウンロード⇒必要箇所を編集・記入

エントリー受付後、送信頂いたメールアドレスにご連絡を致しますので迷惑メール設定の解除をお願い致します。

・エントリーシートの提出、スタジオからの確認のご連絡で

仮エントリーが完了となります。

・仮エントリー完了後、トレーニング費用半額のお支払いにて

エントリー完了が完了いたします。

 

ACME AERIAL STUDIO 36

アックミー エアリアル スタジオ

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle

ACME AERIAL STUDIO36

Follow us on Facebook page or Instagram!

IMG_20160907_193612